タイル・天然⽯の購⼊ならリビエラ>  公式サイト  

RIVIERA ONLINE SHOP

0120-148-845 携帯・PHS可 9:00~17:30(日祝休)
1,500 以上 送料無料・代引き・各種カード対応
  1. トップページ
  2. お役立ち情報一覧
  3. 施工方法:玄関・ポーチ

METHOD 施工方法

ENTRANCE 玄関ポーチ施工方法(300角以下の場合)

住宅の玄関ポーチ床への施工は「一般床タイル貼り工法」を推奨します。

※「一般床タイル貼り工法」とは、コンクリート下地にバサモルタルを敷き、木鏝でレベルを調節しながら締め固め、バサモルタルが未硬化の内にセメントペーストや張り付けモルタルを塗布し、ゴムハンマーなどでタイルを叩き込んで貼りつける工法です。

一般床タイル張り工法の基本断面図
一般床タイル張り工法の基本断面図

夏場の温度が高い時期

夏場などでオープンタイムの空けすぎによってバサモルタルが硬化した場合は、貼りつけモルタルを使用してください。その場合はビブラートなどを使用し、タイル裏面に空洞が生じないようにしてください。

下地のシーラー処理(プライマー処理)

コンクリート下地が乾燥している場合、コンクリートがバサモルタルの水分を吸収することによって、バサモルタルとコンクリートの接着を妨げてしまうことがあります。これを防ぐためにコンクリート下地に吸水調整処理を施します。(推奨:日本化成(株)「NSハイフレックス」)

バサモルタル敷き

セメント:砂=1:4~5とし、隅々まで敷き詰めていきます.接着力強化のため、化学のりや吸水調整剤を混入することもあります。(推奨:信越化学工業(株)「マーポローズ」)

目地詰め

一般の外装用目地材を使用します。タイル貼りと同じ日に目地詰め作業を行なう場合は、施工済のタイルが下がらないように十分注意してください。下がった場合は直ちに貼り直してください。そのまま放置しておくとタイル浮きの原因となり、剥離する場合があります。

※リビエラでは施工(工事)・メインテナンス(お掃除)の販売サービスはおこなっておりませんので、予めご了承下さい。 一般のお客様におきましては、お近くの工務店、ご契約のハウスメーカー様等にご相談下さい。